学資保険というと、「子供が産まれたら入ったほうがいいかな」という「何となく加入した」というケースが多いと思います。

 

実際、私のお客様でも「それほど良く考えずに、子供が産まれてすぐに加入した」という方はけっこう多かったです。

 

学資保険に加入した主な理由

 

  • 教育資金が必要だと思ったから
  • 両親・友人・同僚など他人から勧められた
  • 保険の営業マンに勧められた
  • 入らないといけないものだと思っていた
  • 子供の保障を何かしておかなければと思った
  • 返戻率が高かったから

 

私が実際に契約者へヒヤリングした中ではこれらの理由が一番多く挙がりました。

 

これらは、私が現場で聞いたお客様の声なので、実際のデータとは異なっているかもしれませんが、生の声ということでご了承ください。

 

学資保険 理由

どれも具体的に強い必要性を感じて加入したというよりも、

何となく加入しているケースは意外と多いことに驚きました。

 

 

「教育資金の確保」「子供の保障」という方もいらっしゃいますが、

「実際に進学する費用がいくらかかるから」や「子供にはこんな保障が必要だ」

という明確なものを把握していたり、調べたりする人はほとんどいませんでした。

 

これは学資保険に限らず、生命保険全般に言えることだと思うのですが、

「何となく入った」という人がかなりたくさんいます。

 

「学資保険」はトータルで見ると大きな買い物

 

学資保険ひとつを例に取っても、累計保険料で200万円~300万円ほど

支払う大きな買い物であるにもかかわらず、この結果です。

 

生命保険全般ではもっと大きな金額になり、

「生命保険は人生で2番目に高い買い物」と言われているのに、

何となく加入していいはずがありません。

 

これは私自身の考え方ですが、学資保険に加入したほうがよい理由は

「教育資金を確実に準備するため」だと思います。

 

自分に万一があったとしても、子供には充分な教育を受けさせてあげたいという

親の気持ちを反映するものがこの保険です。

 

貯蓄だけでは、親に万一があった場合には積立がストップして

満足な金額がためられませんし、ひょとしたら生活費にも困るかもしれません。

 

また、今は超低金利時代なので銀行にお金を預けておいてもほとんど増えません。

 

ですから、わずかでもお金を増やして、

教育資金を確実に確保したいというニーズにはこの保険が合いますね。

 

学資保険は子供のためにしっかりと、加入の目的や保険金額を確認した上で加入しましょう。

 

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

 

学資保険・子供保険で学資(教育資金)を積立てるメリットとデメリット

FPに相談して欲しい理由(保険営業マンの本音)