学資保険を検討したけれど結局加入しなかったという人も結構いらっしゃいます。

 

 

この保険は子供の教育資金を積立てるのが主な目的なのですが、

この資金の積立自体を諦めたという意味ではありません。

 

 

中には、経済状況が苦しくてそこまでの保険料を捻出できなかった方も

いらっしゃるにはいらっしゃいますが、実は違います。

 

 

「学資保険以外の金融商品に加入した」

というのが正しい言い方なのかもしれません。

 

学資保険に加入しなかった理由

 

理由としては以下のものが挙げられます。

 

  • お金がなく保険料が支払えない
  • 低解約返戻金型終身保険に加入した
  • 養老保険にした
  • 銀行預金にした
  • 投資信託やドル建て保険などの運用性の高いものにシフトした

 

 

などです。

 

これは、私が実際にお客さまにヒヤリングして聞いた生の声です。

 

要するに、いろいろ考えたけれど学資保険よりも(自分としては)良いものが

他で見つかったということです。

 

銀行預金にしたという方は、途中で解約しても元本割れしないので

積立定期預金にしたとおっしゃってました。

 

保険は万能ではありませんので、銀行預金で積立てるのも一つの方法でしょう。

 

利息はあまり期待できない半面、元本割れリスクも発生しません。

 

 

また、投資信託にされた方は、今の低金利時代に付く利息はたかが知れている。

 

だから、目減りするリスクはあっても運用益がもう少し大きくなるものが欲しいとおっしゃいました。

 

これも一理あります。

 

どれも正解です。

 

ただ、こういった保険以外のもので運用される方というのは資産家など、

比較的お金に余裕のある富裕層の方でした。

 

万一、何かがあっても大丈夫だろうという方です。

 

でも、このサイトで一般的なご家庭を想定しています。

 

学資保険にしても低解約返戻金型終身保険にしても早期に解約すると、

元本割れリスクがあります。

 

 

教育資金は保険を活用がおすすめ

 

それでも、これらの保険で教育資金準備をすることをオススメしている理由としては、

一家の大黒柱である親に万一があったときに、

確実に子供の教育資金や生活費を準備できるからです。

 

 

学資保険や低解約返戻金型終身保険などには「保険料払込免除特約」を付けることにより、

親がケガや病気で保険料が払えなくなった場合でも、必要なお金を準備することができますよね。

 

単純に満期返戻率(戻り率)だけを見ると、他のもので準備したほうが良さそうに見えることもあります。

 

しかし、払込免除特約や育英資金などを考えると、

やはり保険で準備したほうがメリットがあると思います。

 

学資保険やこども保険、低解約返戻金型終身保険などは戻り率ではだけではありませんので、そのあたりを良く考えて見ましょう。