民間の金融機関で住宅ローンを組まれるときには、ほとんどの場合、「団体信用生命保険」というものに加入されます。

 

 

団体信用生命保険 住宅ローン

 

「団体信用生命保険」とは?

 

 

 

この保険は、住宅ローンを組んでいる人が万一亡くなってしまったり、

高度障害の症状になってしまった場合に、契約者にかわり住宅ローンの残金を支払ってくれる保険です。

 

もう少しわかりやすく言うと、万一の際には住宅ローンを肩代わりしてくれるものです。

 

ローンを利用している人を一つの団体として、生命保険会社に申し込むものなので、

保険料もかなり割安になっています。

 

 

また、民間の金融機関の場合は加入が必須となっていますが、フラット35などの場合は任意加入となります。

 

 

 

団体信用生命保険の保険料について

 

 

この保険の保険料は民間の金融機関で住宅ローンを組む場合は必須になりますので、

保険料は金融機関が負担してくれます。

 

 

しかし、フラット35の場合は任意加入になるので、保険料は契約者負担となり、

毎年一括で支払うことになります。

 

保険料は1000万円の保障に対して36,000円となっています。

 

掛け金は他の生命保険などに比べると割安ですし、家族のためには必ず入っておきましょう。

 

 

万一の際は住宅ローンの返済がなくなる

 

 

この保険に加入しておくことより、住宅ローンの残高がなくなります。

 

その分、以後の遺族の経済的負担は軽減することができるのです。

 

これは遺族にとってはかなり助かります。

 

住宅費がいらなくなるので、奥さんがパートに出るなりできれば、あとは生命保険や

収入保障保険があれば賄えるようになるからです。

 

 

その分、生命保険の保険金額を抑えて月々の保険料を抑えることができるようになります。

 

 

生命保険を住宅ローンと一緒に考えてみる

 

 

例えば、生命保険の必要保障額を計算するときに、

 

遺族の生活費と教育資金=3000万円、

住宅ローンの返済費用=2000万円

 

として5000万円の生命保険に加入していた場合。

 

 

返済資金を準備することはこの保険に加入していれば不要になります。

 

 

よって、死亡保障も5000万円 ⇒ 3000万円 となり、

単純な計算でいくと保険料も3分の2に抑えることができます。

 

 

1万5000円の保険料を月々支払っているのであれば、1万円で済むことになります。

 

こういったことは、意外と知らない人が多く、不要な分に保険料を支払っている可能性があります。

 

こういった意味からも、お金のプロであるファイナンシャルプランナーへ相談することをオススメしています。

 

 

あなたにファイナンシャルプランナーへ相談して欲しい本当の理由

 

 

 

団体信用生命保険は立派な「生命保険」です。うまく活用して無駄のない保険設計を心がけましょう。