学資保険・子供保険の保険料支払い方法についてご紹介したいと思います。

 

このサイトではクレジットカード払いをオススメしていますが、他にも保険料の支払い方法があります。

 

 

 

学資保険・こども保険の保険料の支払い方法

 

 

学資保険 支払方法

  1. 現金払い
  2. 銀行振込み
  3. コンビニ払い
  4. 口座振替払い
  5. クレジットカード払い

 

 

主なものとしては以上になります。

 

 

これらの中で「1」~「3」までのものに関しては契約者自身が何らかのアクションをして

お金を支払うものになっています。

 

 

「4」「5」は、最初だけ銀行口座やクレジットカードの払込の手続きを行っておくと、

あとは自動的に引き落としされます。

 

現在は後者が主流になってきています。

 

一つずつ見ていきたいと思います。

 

 

支払い方法の詳細について

 

 

1、現金払い

 

今はほとんど使われていない方法です。

 

直接保険会社や担当者にお金を渡して領収書をもらいます。

 

「どうしても現金で」と言う場合は保険会社によって対応してくれるところもあるので、

問い合わせてみてください。

 

 

2、銀行振込み

 

保険料を保険会社の銀行口座へ振り込む方法です。

 

全期前納払いなど、一括で保険料を支払う場合はこちらを使うことが多いでしょう。

 

月払の場合は毎月振り込むことになるので、契約者も保険会社も手間になりますので

ほとんど使われません。

 

 

 

3、コンビニ払い

 

 

コンビニに振込用紙を持っていって振り込む方法です。

 

初回保険料や年払いの保険料を振り込む際に使われる方法です。

 

月払には「銀行振り込み」同様、あまり使われることはありません。

 

 

 

4、口座振替払い

 

一番ポピュラーな支払い方法です。

 

毎月または毎年同じ20日や27日など決まった日に予め契約者が設定した銀行口座より

自動引き落としされる支払い方法です。

 

月払で万一引き去りができなかった月には、翌月の引き去り日に2か月分引き去りされます。

 

それも引き去りできなかった場合には失効してしまうので注意が必要です。

 

学資保険・こども保険だけに限らず、生命保険は一度失効してしまうと復活するのに一苦労なので、

しっかりと引き落としされるように銀行口座残高に気をつけておきましょう。

 

 

5、クレジットカード払い

 

 

このサイトでもおすすめしているクレジ学資保険 子供保険 クレジットカードットカード払いです。

 

クレジットカードで支払うので、カードのポイントが貯まるお得な引き去り方法です。

 

また、この支払い方法の一番のメリットはクレジットカード会社が保険料を支払ってくれている形になるので失効しにくいということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちらの記事でご紹介しています

学資保険・子供保険の支払い方法はクレジットカード払いがお得

 

 

この支払い方法が使える保険会社はこちらで紹介しています

生命保険のクレジットカード払いが可能な保険会社

 

 

以上が、学資保険・こども保険の保険料支払い方法です。

 

 

一番のおすすめは「4」「5」のお金を契約者が持ち歩く必要のないキャッシュレス契約です。

 

その中でも学資保険の支払い方法にはクレジットカード払いはオススメなので、契約の際には検討してみてくださいね。