学資保険の代わりに個人年金保険でも良いのではないかと思われる方もいらっしゃいます。

 

確かに、同じ積立型生命保険という意味では、パッと見た感じでは同じように写ってしまいますね。

 

でも、やはりそれぞれの特徴があります。

 

学資保険・子供保険にも代用できる個人年金保険とは?

 

学資保険や子供保険にも代用できる個人年金保険とは、民間の保険会社で保険の仕組みを利用して年金資金を積立てていくものです。

個人年金保険とは
支払い方法は、月払い、年払い、一括払いなどがあり、一般的には一括払いの場合などは受取れる年金も多くなります。

 

 
短期解約以外はあまり元本割れをすることが少なくリスクも比較的少ない商品と言えます。

 

 
個人年金保険と一口にいってもさまざまな形があります。

 

 
大きくは有期年金と終身年金があります。ここでは特に一般的に使われているものをご紹介します。

 

【保障期間付き有期個人年金】

 

年金受取期間と受取額が予め決まっているものを『有期年金』といいます。

 

 
有期年金は通常、被保険者が死亡した場合には支払いが終了するのですが、
「保障期間付き有期年金」の場合は被保険者が死亡した場合でも支払期間中は年金を受取ることができます。

 

 
個人年金保険で一番ポピュラーなものがこのタイプです。

 

 

【保障期間付き終身個人年金保険】

 

生きている限り一生涯年金が受取れるタイプの個人年金保険です。

 

 
「終身年金保険」は被保険者が死亡した場合に支払いは終了しますが、生きている間は保障が続きます。

 

 
ただし、有期年金に比べて毎年受取れる年金額は同じ保険料でもかなり低くなります。

 

「終身年金保険」は死亡したら支払いが終わるものですが、「保障期間付き終身年金保険」は被保険者が死亡した場合でも設定された期間中は年金が受取れるものです。

 

 
保障期間が終了しても一生涯の年金を受取ることができます。

 

『変額個人年金保険』

 

株式や債権など、ややリスクの高いもので運用し、受取年金金額が実績により変動する個人年金保険です。

 

 
一般の個人年金保険に比べて運用実績によっては受取額が大きくなるメリットがある反面、
運用がうまくいかなかった場合などは年金受取額が少なくなってしまうケースもあります。

 

変額年金にも終身タイプのものや有期タイプのもの、最低保障があるものなど様々です。

 

リスクが高い商品になりますので、一般のものと組み合わせて準備してリスク分散をするのが望ま個人年金保険と学資保険しいでしょう。

 

以上、一般的な個人年金保険をご紹介しました。

 

 
老後資金としては個人年金保険はポピュラーですので、老後資金積立の一つとして加入しておくと良いかもしれません。

 

老後は生きている限り誰にでも訪れるもので、老後資金は高額所得者や資産家を除けば殆どの人に必要となる大切なものです。

 

 
個人年金保険がすべてではありませんので、他の老後資金積立方法と組み合わせながら、今から賢く準備したいものですね。

 

それと、個人年金は学資保険にも状況によっては使うことが可能です。

 

ただし、学資保険・子供保険や低解約返戻金型終身保険のようなメリットが享受できないので、あまりお勧めはできません。