学資保険の保険料の払込方法法による返戻率(戻り率)の違いを比較してみました。

 

学資保険の保険料支払期間の設定について」でお話しているのですが、保険期間を通じて保険料を支払っていく「全期払い」と、短い期間に払込が完了する「短期払」との実際の戻り率の差を比べてみました。

今回比較したのは、かんぽ生命の「はじめのかんぽ」です。

 

一括受取と学資年金とは戻り率がどれくらい違うのか?(はじめのかんぽ編)」で比較させていただいたのと同様、近くの郵便局でチラシをいただきました。

学資保険の全期払いと短期払いの保険料と戻り率を比較

前回同様ですが、比較する契約条件は下記の通りです。

  • 契約者    30歳 男性
  • 子供      0歳 男子
  • 満期保険金 300万円
  • 満期時期   18歳
  • 保障内容   基本契約のみ(死亡保険金 + 入院日額 4500円)

 

はじめのかんぽ

わかりやすい図をチラシから引用させていただきました。

 

学資保険の全期払込の戻り率

 

まずは、全期払込の保険料と戻り率の試算です。

 

保険料は月々13,380円です。

 

13,380円 ✕ 12ヶ月 ✕ 18年間 = 2,890,080円

 

満期保険金 300万円 ÷ 289 = 約 103.8%

 

戻り率は103.8%になります。

 

 

短期払込の戻り率

 

一方、短期払いにした場合の保険料と戻り率はどうでしょうか?

 

上記の基本条件に加えて、払込期間は12年間です。

 

保険料は月々19,080円となっています。

 

19,080円 ✕ 12ヶ月 ✕ 12年間 = 2,747,520円

 

300万円 ÷ 274.8万円 = 約 109.1%

 

戻り率は109.1%となり、全期払込よりも5.3%の差がでました。

 

学資保険は短期払込がお得

 

学資保険の保険料支払期間の設定について」でお話したように、短期払いのほうの戻り率が大幅に良くなりました。

子供の教育資金準備に積み立てていくもので、どちらにしても支払っていく保険料なので資金的な余裕があれば短期払いにしておくほうが良いでしょう。

ただし、問題は保険料払込免除特約です。

これは払込期間中は適用されますが、短期払いで払込期間が終了してしまうと適用されません。

学資保険の一番のメリットである払込免除特約を活かそうとすると全期払いがいいので、そこはご自身の状況との総合的な判断ですね。

以上が、学資保険の全期払いと短期払いの戻り率の差シュミレーションです。