終身保険に加入するメリットは学資保険・子供保険は低解約返戻金型終身保険がおすすめ」で既にお伝えしました。

 

学資保険・子供保険を低解約返戻金型終身保険で準備するメリット

 

終身保険で教育資金を準備するメリットは

 

  • 払込満了後の解約返戻金を使うことも残しておくこともできる自由度がある。
  • 万一、親が亡くなった場合も死亡保険金が受け取れる。
  • 堅実な運用商品として、銀行預金に比べてもかなり有効。

 

上記のことが大きな理由としてあげられます。

 

私自身もこれらの利点に魅力を感じて加入しています。

低解約返戻金型終身保険 デメリット

 

反対にデメリットは・・・

 

では、デメリットはどうなのでしょうか?

 

  • 途中で解約した場合の解約返戻金が通常の終身保険や学資保険の70%程度になってしまう。
  • 中学・高校入学時のお祝い金を準備できない。

 

などがあげられます。

 

「死亡保障と学資積立が両立できる」というのは保険料払込満了まで解約しないことが前提となりますので、

この点は十分に検討する必要があります。

 

学資保険・子供保険も満期前に解約すると多くの場合、元本割れをしてしまいます。

 

低解約返戻金型終身保険も保険料払込満了以前に解約すると同じ仕組みですよね。

 

しかし、途中解約の返戻率は低解約返戻金型終身保険の方が学資保険に比べて少ない傾向にあります。

 

『学資目的で積立てる=必ず必要なお金』 なのですから、途中で解約することなく続けていきたいものです。

 

大切な子供のに必要な教育を受けさせてあげるためですからね。

 

生命保険の契約者貸付制度について

 

しかし、保険料払込の途中で保険料の支払いが一時的に困難になったり、急な資金がどうしても必要になったりすることも考えられます。

 

その際は生命保険の制度である「契約者貸付」を活用することもできます。

学資保険と終身保険

これは、ご自身の生命保険で貯まっている解約返戻金の中の7~8割程度の範囲内で

保険会社から借り入れをする制度です。

 

もちろん、契約者貸付は借入れですので多少の利息は付きますが、好きなときに返済ができますし、保障も減額されることなく続けることができます。

 

ただし、契約者貸付を返済せず解約する場合は、借入れ金額と利息が差引かれて返戻金が戻ってきますので注意が必要です。

 

また、契約者貸付を受けても保険料は継続して支払わなければなりません。

 

普通に銀行で借金をすることと違うのは、保険で既に貯まっている解約返戻金(現時点で解約して戻ってくるお金)を原資として借りる形を取るので、もし返せなかった場合でも解約返戻金が減額されるだけで負債は残りません。

 

その点では安心できますね。

 

この契約者貸付の制度は、あくまでも急場しのぎの方法なので頭の隅に置いておく程度で考えておいてくださいね。

 

普段は忘れておいてください(笑)

 

私の場合、必ず必要になる教育資金の積立なので解約しないことを前提として学資保険・子供保険ではなく、低解約返戻金型終身保険に加入しました。

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

FPに相談して欲しい理由(保険営業マンの本音)

学資保険・子供保険がわりに低解約返戻金型終身保険がおすすめ