遺族年金で実際に受取れる金額シュミレーション】でお伝えしたとおり、子供がいて18歳になるまでは遺族年金で手厚い保障をしてもらえます。

 
しかし、子供が18歳になってしまったあとのことも考えておかないといけません。

 

子供が独立した後の支給はどうなるのか?

 

厚生遺族年金の場合は子供が18歳になった場合でも、夫の平均月収が40万円だった場合なら毎年632,600円を受取ることができるので少しは足しになります。

妻 生活費
約月々5万円くらいの収入が確保できる計算になります。

 

老齢年金が受取れる年齢になるまでは奥さんもパートなどで働くとした場合、
いくらくらい生命保険などで準備すれば良いか計算が必要となります。

 
月々どれくらいあれば最低限生活できるか?を考え、それプラスアルファを計算しましょう。

 
一般の生命保険や収入保障保険などを組み合わせながらプランニングしていくのが良いでしょう。

 

上記はサラリーマン世帯の場合の例ですが、注意しないといけないのは個人事業を営まれている世帯です。

 
遺族年金で実際に受取れる金額シュミレーション】でもお伝えしたとおり、個人事業主は基本的に国民年金に加入していることになります。

 
「遺族基礎年金」の場合、子供がいる間の保障も厚生遺族年金に比べて少ないですし、子供が18歳になってしまうと奥さんの保障はなくなってしまいます。

 

ここで大切になってくるのは、やはり生命保険です。

 
上記のとおり、毎月どれくらいあれば生活ができるのかを計算の上、生命保険の必要保障額を設定していきましょう。

 

生命保険のプランニングはしっかりとしましょう

 

生命保険の必要保障額を設定する上ではいろいろな要素を考えながらプランニングする必要があります。

  • 奥さんの生活費
  • 子供の生活費
  • 子供の教育費
  • 老後の生活資金

大きくはこれらを加味して考えて行きましょう。

 

例えば、奥さんに定職があったり特殊な技術があって、定年まで正社員や独立して仕事ができたりして働ける場合は、少ない生命保険の保障額でも良いでしょう。
また、不動産所得があったり、資産があればあまり心配はいらないかもしれません。
しかし、どうしても奥さんが働けない場合などは生命保険も多めに加入しておく必要があります。

 

状況は家庭ごとにまったく違っているケースがほとんどです。
ファイナンシャルプランナーなどに相談しながら、きっちりと決めていきたいものです。