『終身保険おすすめランキング』でおすすめしているメットライフアリコの

「つづけトク終身」や富士生命の「E-終身」のところで触れいていますが、

これらの生命保険にはT-PEC(ティーペック)のサービスが付帯されています。

(富士生命のE-終身は特約付帯が必要です)

 

 

 

T-PEC(ティーペック)とは

 

 

T-PEC(ティーペック)とは、おおまかに言うと、様々な健康に関するサービスを提供している会社で、

主に企業の福利厚生や自治体の住民がへのサービスなどに活用されています。

 

最近では、もう少し広い分野の企業へのサービスを提供しているようですが、ここでは割愛します。

 

 

T-PECは企業や団体に対してサービスを提供しているので、従業員や住民が利用するものです。

 

また、最近では生命保険の加入者に対するサービスを提供しているので、

それが「つづけトク終身」などの付帯サービスとなっているものです。

 

 

以前はメットライフアリコやAIU、富士火災、富士生命、大同生命の納税協会の生命保険や医療保険の商品などだけでしたが、

提携する保険会社も増えているようです。

 

 

生命保険の付帯サービスとしては「24時間健康相談ダイヤル」「セカンドオピニオンサービス」が挙げられます。

 

T-PECの24時間健康相談ダイヤルとは

 

 

T-PECのサービスは他の似たようなサービスに比べると群を抜いていると言って良いと思います。

 

「24時間健康相談ダイヤル」は医療に関する専門家が24時間電話で相談に応じてくれるサービスです。

 

医師はもちろん、看護士、助産師、臨床心理士、などのエキスパートが電話で対応してくれて

的確なアドバイスをしてくれます。

 

そして、その専門家がかなりの訓練を受けた状態で対応してくれるので、アドバイスが適切です。

 

 

 

私もT-PEC(ティーペック)の24時間健康相談ダイヤルを利用しました

 

 

私も実際にT-PECの健康相談ダイヤルを使ったことが何度かあります。

 

子どもが生まれたばかりのころ、今思えば笑われるかもしれないのですが、

しゃっくりが止まらなくて医者に連れていったほうがよいのかどうかという簡単なものもあります。

 

 

その場合もバカにせず、きっちり対応してくれました。

 

また、同じく子どもが夜中に熱を出したときには、症状を細かく聞いてくれて、

近くで開いている救急の病院を教えてくれました。

 

他には、弟がてんかんの薬を飲んでいるのですが、風邪薬を飲んでも問題ないか?

など気軽に聞くことができるので、かなり助かっています。

 

 

こんな簡単な相談から、例えば、急に右手が動きにくくなり相談したところ、

脳梗塞の前兆かもしれないのですぐに病院に行くようにアドバイスを受け、

薬での治療だけで大事には至らなかったという事例などがたくさんあります。

 

この24時間健康相談ダイヤルのサービスは大企業の福利厚生をはじめ、

今では自治体が住民が相談できるように提携しているケースもあります。

 

このT-PEC(ティーペック)の24時間健康相談はメットライフアリコのつづけトク終身なら

加入するだけで自動的に付帯されています。

 

 

つづけトク終身を一番のおすすめに上げているのはこのサービスが付いていることが、

おすすめの理由のひとつです。

 

 

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

⇒ 生命保険付帯のセカンドオピニオンアレンジサービスについて

⇒ 第1位 メットライフアリコ 「つづけトク終身」(学資保険・老後資金対策に)

⇒ 富士生命 「E-終身」(学資保険・老後資金積立に)