ここでは、遺族年金と生命保険・学資保険の関係をお伝えしたいと思います。

 

遺族年金があれば生命保険は必要ない?

 

前回までに実際のサラリーマン家庭の遺族年金の金額を見てみると、子供がいる間は手厚いように思われます。
たとえば、子供が2人いた場合だと月々の支給が135,200円なので、万一父親になにかあったとしても母親がパートに出て働いて8万円ほど稼げれば20万円以上の収入があるので、最低限の生活は何とか確保できると思います。

 

住宅ローンを組んで、マンションや持ち家を購入していた場合には、団体信用保険に加入しているので、住宅ローンは保険から支払われるので完済できます。
つまり、住居費を支払わなくても良くなります。

 

賃貸住宅の場合は家賃を支払っていかないといけませんので、少し多めに見積もっておく必要があるでしょう。

 

しかし、子供がひとりずつ18歳を超えていくので、月々の支給額は135,200円→116,300円→81,100円と下がっていきます。

 

遺族年金があっても必要なお金

 

ここで考えておかないといけないお金の問題は、

 

・母親が働けなかった場合

 

・子供の教育資金の確保

 

・子供が18歳を超えていった際、収入が下がっていくので収入の確保が必要

 

・母親の老後資金

 

などです。

 

これらのリスクや必要資金を考えておくためにには、やはり生命保険の活用が不可欠です。
生命保険で確保しておきたいものは

 

① 子供が大学を卒業するまでの生活費
② 子供が独立したあとの奥さんの生活費(老後資金を含む)
③ 子供の教育資金や結婚資金

 

 

大きく挙げると以上になります。

 

大きな保険にガツンと入っておくと死亡保険金ですべてまかなえるかと思いますが、すべてを準備するとなると保険料もかさんできます。
夫が途中で必ず亡くなるわけではないので、すべてを掛け捨ての死亡保障で準備するというのも現実的ではありませんよね。

 

死亡保障のほかに、父親が生きていた場合にも必要な学資積立や老後資金積立も必要となります。

 

次に①~③の資金をどのように準備していくかを遺族年金と生命保険の関係を含めて解説していきます。