教育資金を積立てるには学資保険・子供保険や終身保険などの保険を活用する人が多いと思います。

 

インターネットを見ていると特化したランキングサイトなどもたくさんありますね。

 

⇒当サイトでの学資保険ランキングはこちら

 

どのような学資積立にどのような保険があるかを紹介します。

 

学資保険・子供保険について

 

一般的に学資積立というと、学資保険がよく使われます。

教育資金 保険
子供が産まれたときに

 

「学資保険に入るといいよ」

 

と周りから勧められたりしますよね。

 

学資保険とは、子供に将来必要となる資金の積立を目的とし
満期時(例えば大学入学時期の18年後など)に満期保険金が受け取れる生命保険です。

 
例えば、毎月1万円ずつ支払うとすると、18年間で216万円が総支払額になり、
返戻率の高い商品であれば満期時期に220万円なり230万円など増えるものもあります。

 

また、学資保険は小学校入学時期や中学・高校入学時期などに
「祝い金」として10万円、20万円など決まった金額が支払われるものや
子供がケガや病気で入院をした場合の保障が付いているものもあります。

 

最近では、契約者である親御さんが亡くなったときには保険料が免除になるものや
育英年金として子供が一定の年齢になるまで年金が支払われるものなど
いろいろな商品が出ています。

 

ただ、入院した場合の保障などを付けると、返戻率が下がってしまったり、
満期とともに入院などの特約も一緒に終わってしまい、そのあとの保障がなくなってしまいます。

 

それらは違った医療保険などでカバーするといいですよ。

 

終身保険も学資保険・子供保険代わりに使える保険

 

終身保険は多くは「一生涯の死亡保障」を指します。
終身保険は貯蓄性があり、商品や使い方によっては十分に学資保険の代わりとなりえます。

教育資金 学資保険
被保険者は父親または母親となります。

 

一生涯の保障が続くのですが、払込期間を15年間や18年間で設定した場合、
子育て世代なら解約した場合の返戻率は100%を超えることが多々あります。

 

終身保険で学資を積立てるメリット

 

学資保険・子供保険がわりに低解約返戻金型終身保険がおすすめでもご紹介していますが、終身保険の良いところは、一家の大黒柱である父親が亡くなってしまった場合でも学資保険に比べて大きな死亡保障が確保できるとこどです。

 
また、払込期間が18年で終了した場合で、万一子供が大学に行かない場合でも、保険会社に預けておくだけで解約返戻金は増え続けます。

 
これは定期預金などで銀行に置いておくよりもよっぽど有利に運用ができるのです。保障も同じ額だけ確保できます。

 

大学入学資金などに使わない場合はそのまま置いといて、子供の結婚資金や
自分たちの老後資金に回したりすることも可能です。

 

学資保険と同様、ケガや病気で入院した場合の保障を特約で付けると
解約返戻金が少なくなってしまう上、
本体の終身保険を解約してしまうと、入院特約なども解約してしまうことになるので、
病気入院などは医療保険で別途加入しておくことをお勧めします。

 

保険で準備する場合、学資保険・子供保険が良いのか終身保険が良いのかは別のセクションでお話しています。